ローンや減税知識が重要な八尾エリアでのスケルトンリフォーム
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スケルトンリフォームにかかる費用は高額になることもありますが、ローンを組むことが可能です。一般的に、リフォームローンと住宅ローンがあります。八尾エリアでリフォームする場合も、ローンについて知っておくことが大切です。リフォームローンは金利も異なり、融資枠の確認も必要です。住宅購入に合わせてリフォームを行うか、借り換えに伴うリフォームでなければ使えないケースもあります。まずは金融機関に相談することです。
ローンを組む際に慎重に検討するべきことは、金利と返済期間です。最終的な支払額がかなり変わってくるためです。できるだけ低金利で、借入期間を短くすることがコスト低減につながります。しかし借入期間が短いと毎月の支払いは当然高額になりますので、無理をせず支払える期間を見定めることも大切です。ローン申請には、工事請負契約書の写しなどが必要になります。契約書の策定までには現地調査など一定期間が必要になりますので、早めに動くことが肝要です。

耐震リフォームで受けられる助成制度や減税措置

スケルトンリフォームにはさまざまな公的助成制度があります。工事実績が多い業者であれば、こうした制度に関する知識は豊富なので相談することをお勧めします。まず耐震助成制度があります。たとえば平屋の一部を減築したリフォームをすれば一般的には耐震性が向上します。それが証明されれば耐震改修工事のための補助金受給対象になる場合があります。たとえば八尾市では木造住宅耐震改修設計補助制度があります。
また、耐震リフォームに対する減税措置も受けられます。所得税と固定資産税の減税です。ただし所得税については工事金額の上限があり、固定資産税についてはリフォーム対象の面積に対する制限があります。また、リフォームする家に実際に住んでいることや、その家が建築された時期、リフォーム完工時期に関する条件もあります。

確定申告で必要書類を提出する重要性

通路の拡幅や段差の解消などバリアフリーのスケルトンリフォームに対する減税措置もあります。所得税と固定資産税について一定の要件を満たせば減税措置を受けられます。しかしバリアフリーに関する減税についても、一定の条件があります。たとえば対象者は要介護認定者であるか、といったことです。だれでも申請できるわけではありません。対象となるリフォームについても、通路、階段、浴室など細かな指定があるほか、居住者の合計年収、ローンの期間、リフォーム費用などに関する条件があります。さらに省エネリフォームに対する減税措置もあります。
このほか、贈与税や住民税の減税措置を受けられるケースもありますので、八尾市など各自治体の税務署に問い合わせることをお勧めします。リフォーム減税を受けるためには、リフォームを完了した年度に、確定申告時に必要書類を税務署に提出する必要があります。年度内に申請できない場合は、減税の摘要がその翌年以降になるので注意が必要です。