工事費の確認が重要な八尾エリアのスケルトンリフォーム
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スケルトンリフォームはかなり本格的な工事になりますので、手軽なリフォームに比べると高額になるのが一般的です。したがって、発注するまえに、どのような理由で、どんな部分に費用がかかるのかを把握しておくことが重要です。それは八尾エリアに限らずどこでも同じです。第1に解体撤去費用です。構造躯体だけの状態にするということは、外壁、内壁、ドアはもちろん、戸建ての場合は天井や屋根まで解体するわけですから、その解体と撤去、廃材の処分費用はそれなりの金額になります。
第2に構造躯体の補強工事費用です。鉄骨がさび付いていたり、コンクリートがぼろぼろの状態になっていることがありますし、特に古い住宅の場合は木材の腐蝕や害虫被害が進行して構造躯体の強度が落ちている場合があります。こうした場合、まず強度劣化の程度を科学的に計測する診断費用がかかりますし、それをもとに強度を上げるための補強工事費が必要になります。さらに工事完了後に、強度が規定をクリアしているかを調べる住宅診断費用もかかります。
第3に生活関連設備の設備費と工事費です。上水道の給水管、下水管などが腐食していたりすれば交換する必要がありますので材料費がかかりますし、キッチンや浴室、トイレなど水回りエリアの位置を大きく変更するのであれば、配管工事も大掛かりになります。キッチンシステムを新品にしたり、バリアフリー型のトイレにする場合などは、当然設備費がかかりますし、取り付け工事費も加算されます。リビングの床材や内壁、外壁の素材なども、高額なものを採用すればそれだけ費用は膨らみます。第4にスケルトンリフォームに伴う税金関係の支出です。契約書に必要な印紙税がまず必要です。新たに不動産を取得するケースでは不動産取得税、固定資産税、都市計画税や、不動産登記情報の変更のための登録免許税がかかります。

マンションより戸建てが一般的には高額費用

費用の相場は、八尾エリアのような中規模都市と地方町村では異なりますので業者、使用する素材によって異なるので一概にはいえません。一つの目安として、所有している平均的な戸建て住宅の場合、解体撤去費用が50万円から100万円程度かかります。補強工事費は程度によって差がありますが、一定程度はかかります。新たに購入する設備とその工事費もかなり高額になる場合があります。スケルトンリフォームは、新築ほどではないにせよ、場合によっては1千万円を超えるほどのお金がかかることもあるという事は知っておく必要があります。マンションの場合は、共用部分についてはリフォームが許されないことがあります。この規制が厳しいマンションほど、大規模なスケルトンリフォームは困難になるわけですが、その分、戸建てほどの費用はかからなくなります。
戸建てにせよ、マンションにせよ、スケルトンリフォーム費用に差が出るとすれば、デザインや材質へのこだわりの濃淡です。著名な建築デザイナーに依頼すればデザイン料は高くなりますし、一般的な工務店であれば安くなるのが普通です。床材や壁材、キッチンシステムや浴室キットも同様で、一流メーカーのハイグレード商品であれば当然高額になり、メーカーにこだわらなければ安くあげられます。たとえばフローリングに天然無垢材を使えば高額であり、合板素材なら安いのは当然です。

どういう減築をするかで異なる総費用

たとえば、スケルトンリフォームで減築する場合、どういうパターンの工事になるかで、同じ減築でも費用がかなり異なります。平屋の一部を減築する場合でも解体費や壁補修費、場合によっては補強費用がかかります。2階を丸ごと撤去して平屋にするという減築の場合、一般的には耐震性は向上しますが、まれに2階がなくなったことで補強が必要になるケースもあります。そうした場合は思った以上に経費がかかることになります。2階の一部だけを減築するのであれば、丸ごと撤去するよりも費用は抑えられるのが普通です。
減築すれば、外壁がなくなる部分ができるので、その工事が必要です。元からあった家屋部分の外壁との色合いや素材のバランスが悪くなると見栄えも良くないことがあります。全体の統一感を出したいのであれば、その分費用が増大します。スケルトンリフォームも意外に費用がかかるという印象を持つ人もいますが、基礎杭や柱や梁などは再利用するわけですから、新築するよりは総額は抑えられます。それは大都会でも八尾市のような中核都市でも基本的には同じです。

八尾エリアでのスケルトンリフォーム業者の選び方
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

業者選びは慎重を要します。たとえば八尾エリアでのスケルトンリフォーム発注先を決める場合、どの規模の会社であっても、技術力や人材育成には優劣があり、スケルトンリフォームの技術についても得意不得意があるので、名の通った大手企業がベストとは限らず、地場の小さな会社が適している場合もあります。
シンプルなデザインで十分であり、建材のブランドにもこだわらないから費用を抑えたいという場合は、地元の工務店がマッチします。低価格に見合ったレベルであることは承知の上での発注になります。
予算はある程度膨らんでもよいから、優れたデザイン、それなりのクオリティの品質を求めるという場合は、専任プランナーがいるような中堅リフォーム専門会社が適任です。地域に複数店舗を展開している企業であれば、人材もいますし、品質についても独自の基準があるので信頼できます。
予算はかかってよいから、プロのデザイナーやプランナーに最高の提案をしてもらい、ブランド力のある高品質のものを使用したいというのであれば、広告展開などで圧倒的なネームバリューのある全国規模の大手企業を選択することになります。高額の費用に見合ったハイクオリティの仕上がりが期待できますし、その後のアフタフォローもしっかりしているので安心です。

企業の大小だけでなく受注実績も重要

どの規模の会社を選ぶにしても、重要なのは、新築実績ではなくスケルトンリフォームの実績です。大手企業であっても、提案されたデザインが期待外れという場合もあります。実際に工事をするのは下請け会社の従業員ですから、そこの技術力によってはクロスの貼り方が雑だといったこともあり得ます。逆に小企業でも、スケルトンリフォームの受注経験が豊富でノウハウを持っているところは高水準の仕事ぶりを発揮することもありますし、地域で生きる会社なので小回りが利き、レスポンスが早いことも考えられます。八尾エリアでスケルトンリフォームを発注するにしても、大手、中堅、小企業とも、それぞれ得手不得手があるものだという認識で、しっかり見極めることが大切です。
そうはいっても、個人で集められる口コミ情報は絶対量も少なく、信用性にも疑問符がつきます。こういう場合は、スケルトンリフォームを請け負う企業が数多く登録されている紹介サイトを利用するのも一つの手です。戸建てリフォームが得意な会社はどれか、マンションのリフォーム実績が多いのはどこかという比較検証ができます。そうした情報を見比べて、複数の会社をピックアップし、どういうスケルトンリフォームをしたいのかを十分説明した上で、詳細な工程表を提出してもらい、法律面や税金面でのアドバイスも得て、最終的に依頼先を決めるのが賢明です。

特に重要な決め手になる相見積

スケルトンリフォームであっても、一般家庭にとってはかなり大きな費用がかかりますから、出費はできるだけ抑えたいものです。そのためにはたとえば八尾エリアで発注するにしても、一つの業者に決めず、ある程度絞り込んだ複数の業者から見積書を取ることが大切です。これを相見積を取ると言いますが、見積書の様式は業界で統一されたものはなく、各社ばらばらです。項目や単価の表示のきめ細かさ、価格の表記単位なども異なることがあります。そこで面倒に感じてしまうと、みすみす予算を抑えるチャンスを逃してしまいますので、しっかり比較照合することが大切です。
見積書の様式が非常にきめ細かく、しかも見やすいものであれば、その業者はある程度信用できますし、水回り部品一式と言った表現でひとまとめにしたような見積書しか出さない業者はリストから外すといった決断も必要です。また、同じブランドメーカー品であっても、最高級品と普及品では金額も機能も違います。正確に比較するためには、メーカーと商品の型番を指定した上で料金を比較することが基本です。指定したメーカーや商品を扱っていない業者がいた場合は、同程度の他社メーカーの製品を指定して比較します。精度が高い見積書を手に入れるには、発注する側も工夫と努力が必要です。

ローンや減税知識が重要な八尾エリアでのスケルトンリフォーム
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スケルトンリフォームにかかる費用は高額になることもありますが、ローンを組むことが可能です。一般的に、リフォームローンと住宅ローンがあります。八尾エリアでリフォームする場合も、ローンについて知っておくことが大切です。リフォームローンは金利も異なり、融資枠の確認も必要です。住宅購入に合わせてリフォームを行うか、借り換えに伴うリフォームでなければ使えないケースもあります。まずは金融機関に相談することです。
ローンを組む際に慎重に検討するべきことは、金利と返済期間です。最終的な支払額がかなり変わってくるためです。できるだけ低金利で、借入期間を短くすることがコスト低減につながります。しかし借入期間が短いと毎月の支払いは当然高額になりますので、無理をせず支払える期間を見定めることも大切です。ローン申請には、工事請負契約書の写しなどが必要になります。契約書の策定までには現地調査など一定期間が必要になりますので、早めに動くことが肝要です。

耐震リフォームで受けられる助成制度や減税措置

スケルトンリフォームにはさまざまな公的助成制度があります。工事実績が多い業者であれば、こうした制度に関する知識は豊富なので相談することをお勧めします。まず耐震助成制度があります。たとえば平屋の一部を減築したリフォームをすれば一般的には耐震性が向上します。それが証明されれば耐震改修工事のための補助金受給対象になる場合があります。たとえば八尾市では木造住宅耐震改修設計補助制度があります。
また、耐震リフォームに対する減税措置も受けられます。所得税と固定資産税の減税です。ただし所得税については工事金額の上限があり、固定資産税についてはリフォーム対象の面積に対する制限があります。また、リフォームする家に実際に住んでいることや、その家が建築された時期、リフォーム完工時期に関する条件もあります。

確定申告で必要書類を提出する重要性

通路の拡幅や段差の解消などバリアフリーのスケルトンリフォームに対する減税措置もあります。所得税と固定資産税について一定の要件を満たせば減税措置を受けられます。しかしバリアフリーに関する減税についても、一定の条件があります。たとえば対象者は要介護認定者であるか、といったことです。だれでも申請できるわけではありません。対象となるリフォームについても、通路、階段、浴室など細かな指定があるほか、居住者の合計年収、ローンの期間、リフォーム費用などに関する条件があります。さらに省エネリフォームに対する減税措置もあります。
このほか、贈与税や住民税の減税措置を受けられるケースもありますので、八尾市など各自治体の税務署に問い合わせることをお勧めします。リフォーム減税を受けるためには、リフォームを完了した年度に、確定申告時に必要書類を税務署に提出する必要があります。年度内に申請できない場合は、減税の摘要がその翌年以降になるので注意が必要です。

八尾市などでもスケルトンリフォームによる増築は慎重な確認が大切
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スケルトンリフォームであれば、大胆な間取り変更が可能です。さらに新築よりも一般的には低予算で済みます。大都市でも八尾市のような中核都市でもリフォーム工事内容は、増築して全体の間取りを再設計する、現状のサイズのまま間取りだけを変更する、減築して間取り変更するかの3択になります。
増築で新たなスペースを作る際には、特に耐震強度に対する注意が必要です。もし増築によって既存家屋部分の強度が不足するようであれば、増築部分だけでなく、建物全体を補強する必要が出てきます。建築基準法で定められている建物の横揺れなどに対する耐力値基準をクリアしているかどうかを調べることが重要になります。
また増築すると建ぺい率などが法律に違反してしまうことが出てきます。建ぺい率とは、敷地面積に対する住宅の1階部分の面積の比率です。違反した場合は、増築部分の撤去を命じられることがあります。このほか、道路斜線制限や北側斜線制限という細かな法規もありますので正確な確認作業が大切です。

家族構成やライフスタイルの変化による減築という選択

減築は、現状の家屋の一部を取り壊して狭くすることです。八尾エリアのような中核都市や地方都市では、高齢者だけの世帯になって2階は使わなくなったというケースが多数あります。そういう場合は平屋に減築した方が便利です。使わない部屋の掃除は大変ですし、足が弱ると昇降が困難になります。
もちろん住み慣れた家を取り壊して土地を売却し、その資金で、別の場所にあるコンパクトな家に住み替えるという選択肢もあります。しかし長年付き合いがあった近隣の人々と別れて新たな交友関係を築くのは、高齢者にとって容易ではありません。減築であれば、お隣さんとの付き合いや通い慣れたスーパーで買い物をするといった、生活環境を変えることなく暮らしていけます。

セットバックの心配もいらないスケルトンリフォーム

古い家を壊し、その土地に家を建て替える場合、時々セットバックという問題に直面することがあります。敷地前面の道路が4メートル未満の場合、その道に接して新築する際には、建築基準法の規定によって、道路の中心線から2メートルの位置まで道路の境界線がずれ込みます。つまり道路の境界線が自宅敷地内に入り込むことがあるのです。その敷地部分は法律上は道路とみなされるため、建築物は建てられません。古い家は新たに設定される道路境界線の位置にあったとしても、新築する場合はこの法規制を受けるので、同じ位置に建てられないのです。このため新築物件は古い家屋より狭くなるケースがあります。これがセットバックです。このために、思い描いていた広いリビングルームが狭くなったりする事態も考えられます。八尾市でもどの都市でも事情は同じです。
その点、スケルトンリフォームであれば法の規制は受けません。たとえば2階を撤去する減築をしても、1階については元と同じ広さを維持することができますし、間取りも法の規制内で自由に設計することができます。狭くて暗い和室2部屋を広いリビングルームにしたり、バリアフリーの浴室や広いトイレを作れます。場所によっては、スケルトンリフォームの方が新築よりも広い1階スペースを維持できます。