簡単にできる名刺作成方法を分かりやすくお伝えします

手持ちのパソコンにワープロソフトがインストールされていて、名刺作成用の印刷用紙と、プリンタさえあれば名刺作成ができます。ワープロソフトの印刷設定の中の、差し込み印刷もしくは、差し込み文書の項目を選び、ラベルを指定してから、用紙の大きさの設定をします。ちょうど、大きめの表のような状態になっていると思われます。名刺のレイアウトを決め、社名や部署、役職、自分の名前、連絡先等の記載したい項目を入力します。背景色や字体、文字色なども自由に決められますし、ソフトに入っているデザインや文字飾りを自由に入れることもできます。デザインが決まったら、プレビューをして確認します。他のラベルへコピーとペーストを繰り返して名刺のデザインを入れるようにします。その際に図形やデザインを入れている場合には、すべてをグループ化しておくと一括して処理できます。プリンタの設定をして、印刷をすれば出来上がりです。

名刺作成用紙の購入の仕方と選ぶコツ

大手スーパーやホームセンターの文具コーナーや、文房具店などで、名刺作成用の印刷用紙を購入します。一般的にはインクジェットプリンタを保有している方が多いので、インクジェット用の用紙を購入するといいでしょう。できれば、用紙は汎用品として出回っているものが設定しやすい場合があります。ワープロソフトの中には、最初の工程となる、印刷の設定が楽になることがあるのです。差し込み文書のラベルの項目を選択した場合に、名刺作成用紙のメーカーと型番を選択すれば、自動的に大きさの設定ができることがあります。たいてい、製品のパッケージに記載されていることが多いので、そちらを確認し、リストの中から選ぶだけですので、非常に簡単です。選択すると、用紙の名前等が表示されますので、間違いがないかしっかり確認してください。

ワープロソフトで名刺作成ができない場合は

ワープロソフトが名刺印刷に対応していない場合には、名刺作成ができるソフトを利用することになります。家庭用なら年賀状ソフトがパソコンに添付している場合があり、名刺作成機能が付いているものがありますので、そちらを利用するといいでしょう。年賀状ソフトがない場合は、名刺作成に特化したフリーソフトを利用するといいでしょう。ダウンロードして入手するため、インターネットに接続できる環境が不可欠です。これらのソフトを利用するメリットは、印刷設定の手間がかからないですし、用意されているテンプレートやデザインを無料で利用できることから、簡単に整った名刺を作れることです。仕事だけでなく、趣味で使える凝ったものを作ることも可能です。ただ、名刺作成用の用紙が決められていることがありますので、ソフトに対応しているメーカーの用紙を用意する必要があります。購入前に確かめておくのがおすすめです。